簡単でおいしい!?ガトーショコラの作り方5選を紹介します!

    ガトーショコラって作り方難しそうなイメージはありませんか?実はガトーショコラは普段作ることが苦手・・・なんて方でも作れる作り方があるんですよ!今回はそんな時でも簡単に作れるガトーショコラの作り方をご紹介したいと思います。

    そもそもガトーショコラって何?

    ガトーショコラと聞けば、形の違いはあっても、チョコレートが練り込まれた黒くてシンプルなケーキを誰もが想像するでしょう。
    そこに、白い粉砂糖がふりかかっていたり、生クリームが添えられているのが一般的ですね。
    しかし、それをガトーショコラだと思っているのは、日本人だけであることをご存知ですか?

    ガトーショコラにおける日本とフランスの違い

    日本におけるガトーショコラの作り方は、バターとチョコレートを溶かした中に、ふんわりと泡立てたメレンゲ、そして小麦粉を加えてオーブンで焼き上げたケーキをいいます。日本のガトーショコラが中までしっかりと、またはギリギリまで火を通すのに対し、フランスでは『レアであればあるほど美味しい』とされています。
    同じガトーショコラでも好みや作り方が違うのですね。では、早速作り方をご紹介したいと思います。

    ガトーショコラの作り方①:たった2分で出来る!?レンジで作るガトーショコラの作り方

    たった2分で出来る!?レンジで作るガトーショコラの作り方

    材料

    薄力粉:大さじ2
    ココア:大さじ4
    ベーキングパウダー:小さじ1
    砂糖:大さじ2
    卵:2個
    サラダ油:大さじ2
    タッパー(レンジ加熱OKのもの)

    なんと2分で出来る超簡単レシピです!
    ちょっと甘いものが食べたいな、なんて時にでも気軽に作れちゃいますよ。

    まずは・・・

    卵、サラダ油以外の材料、ココア・薄力粉・砂糖・ベーキングパウダーをタッパーに入れて蓋をして振ります。

    さらに

    よく振った材料の中に卵・サラダ油を加えよく混ぜます。
    この時ダマにならないようによく混ぜてください。

    レンジで加熱します

    500wで2分程加熱します。
    この時タッパーの蓋は完全に閉めず軽く乗せてください。

    火が通っているかチェックしましょう

    火が通っているかどうかつまようじや竹串でチェックしてみましょう。
    この時についてくるようであれば追加で加熱をしてください。
    何もついてこなければ出来上がりです。

    たった2分で出来る!?レンジで作るガトーショコラの作り方

    2分でガトーショコラが作れちゃうなんてすごいですね。
    バターを入れたいないので濃厚な味が苦手なかたでも大丈夫です。

    ガトーショコラの作り方②:メレンゲなしでも大丈夫!濃厚ガトーショコラの作り方

    メレンゲなしでも大丈夫!濃厚ガトーショコラの作り方

    材料(15㎝丸型)
    チョコレート(板チョコでも):100g
    バター:50g
    生クリーム(植物性でも) :50cc
    卵:2個
    砂糖:70g
    薄力粉:30g
    純無糖ココア:30g
    粉砂糖はお好みで

    耐熱ボウルに入れていきます

    細かく砕いたチョコレート100gとバター50gを入れて電子レンジで加熱して溶かします。溶けたら泡立て器で混ぜます。

    混ぜ合わせます

    卵を別のボウル入れて混ぜ合わせ、その上に砂糖を入れてしっかりと少し白っぽくなるまで泡立て器で混ぜていきます。

    今作った2つの材料を合わせます

    今作った2つの材料(チョコレート100gとバター50gを入れて電子レンジで加熱したものと卵と砂糖を混ぜ合わせたもの)と生クリームを加え泡だて器で混ぜていきます。

    薄力粉とココアを加えます

    今混ぜた材料の上にふるった薄力粉30gとココア30gを加えてさっくりとゴムベラで混ぜていきます。

    オーブンで焼いていきます

    あらかじめ予熱を170℃にセットしておきます。そのあとにクッキングシートを敷いた型に生地を流しいれて35分から40分程焼いていきます。

    火が通っているかチェックしましょう

    竹串などで生焼けしてないかチェックしましょう。もし、生地がついてくるようであれば様子を見ながら焼いてください。焦げないように途中でアルミをかぶせてもいいですよ。

    メレンゲなしでも大丈夫!濃厚ガトーショコラの作り方

    メレンゲを作らなくてもとっても濃厚で美味しいですよ。
    生クリームがないときは牛乳で、バターがないときはマーガリンで代用が出来るそうなのでチェックしてみてください。

    ガトーショコラの作り方③:ガトーショコラを炊飯器で作る作り方

    ガトーショコラを炊飯器で作る作り方

    材料

    チョコレート:板チョコ3枚 (180g) ミルクチョコ使用
    卵:Lサイズ3個 (室温)
    サラダ油:少々 (内釜用)

    チョコレートを湯せんで溶かしていきます

    チョコレートを湯せんで溶かしていきます。溶けたら湯せんを出してつやが出るまでよく混ぜていきます。湯せんの際、チョコレートを細かく砕くか包丁で細かく刻むとチョコレートが溶けやすくなります。

    炊飯器の準備をします

    サラダ油を内釜に塗ります。そのあとで内釜の底に合うように切ったオーブンペーパーを内釜の底に敷きます。

    チョコレートと卵を混ぜ合わせていきます

    卵3個は黄身と白身に分けておきます。黄身とチョコレートを混ぜ合わせます。

    メレンゲを作ります

    分けておいた卵白をしっかり泡立てていきます。角が立つまで泡立てましょう。

    チョコレート生地とメレンゲを混ぜ合わせていきます

    チョコ生地にメレンゲを少しだけ混ぜ入れて少し柔らかくします。

    残りのメレンゲも全部入れます

    残りのメレンゲを全て加えます。混ぜるときはゴムベラで底をすくい上げながら切るようにやさしく混ぜ合わせます。

    生地を炊飯器へ入れていきます

    生地を全て流しいれて炊いていきます。普通コースで大丈夫です。

    炊き上がったら・・・

    炊き上がったら指で触れてみてください。弾力があれば焼き上がりです。
    このケーキは、焼きあがっていても竹串でさすと生地がついてきてしまいます。なので見た目と触った弾力で判断してください。生でも食べられる材料で作っていますので安心してください。

    内釜を取り出したら様子を見ましょう

    内釜を取り出してそのまま1~2分置いててください。内釜をを傾けてみて、釜肌と生地の間に隙間ができたことを確認してから内釜を逆さにして取り出します。

    ガトーショコラを炊飯器で作る作り方

    シフォンケーキよりもしっとしフワフワでやみつきになること間違いなしです。
    サラダ油とオーブンペーパーを敷くことによりケーキが内釜にくっつくことを防いでいるのでぜひ試してください。

    ガトーショコラの作り方④:材料4個で出来る!本格的で濃厚なガトーショコラの作り方

    材料4個で出来る!本格的で濃厚なガトーショコラの作り方

    材料

    無塩バター:100g
    チョコレート(固形):200g
    卵:3個
    生クリーム:70ml

    生クリームとチョコレートを混ぜ合わせます

    無塩バター100gとチョコレート200gと生クリーム70mlを鍋に入れ、弱火で火にかけます。沸騰しないように気を付けながら、なめらかな状態なるまで混ぜ合わせます。

    チョコレート生地に卵も加えていきます

    ボウルに卵3個を入れて混ぜ、チョコレート生地を加えてさらに混ぜます。

    焼いていきます

    先にオーブンを180度で予熱しておきます。生地を型に流しいれて18分から20分ほど焼いていきます。

    材料4個で出来る!本格的で濃厚なガトーショコラの作り方

    お口の中でふわっととろける本格的なガトーショコラです。
    お客様に出しても喜ばれる1品です。

    最後に

    いかがでしたでしょうか?
    また色々な作り方があると思うので挑戦されてみてください。
    どれも冷蔵庫で少し寝かせると美味しくなると書かれていたので出来立ての状態と少し寝かせた状態のガトーショコラで2度楽しむのも良いかもしれませんね。

    関連するまとめ

    このまとめに関するまとめ

    TOPへ