鶏団子は鍋だけじゃない!鶏団子をもっと楽しめる絶品レシピ集

鶏団子と言えば寒い冬に食べる鍋が定番ですが、実は鍋以外のレシピもたくさんあります。疲れた体をいやす鶏団子レシピや、子供に大人気のレシピまで、5つご紹介します。ふわふわで美味しい鶏団子をご家庭で、子供と楽しみながら作ってみてはいかがでしょう。

作って楽しい、食べて美味しい鶏団子

鶏団子は鶏挽肉(野菜を加えることもある)を丸めたもので、食べやすく、子供にも人気があります。鶏挽肉はうまみの強いもも肉を使うのがおすすめですが、もも肉と胸肉を1:1の割合で混ぜ合わせると、それぞれの持ち味を活かした、やわらかく、うまみの強い鶏団子となり、胸肉のみで作るとさっぱりした鶏団子になります。

鶏団子はお鍋の具として人気がありますが、ふわふわ美味しい鶏団子には他にも美味しい食べ方がたくさんあります。

作る過程も親子で楽しめるので、ぜひご家庭でも鶏団子の様々なレシピに挑戦してみてください。

鶏団子のおすすめレシピ①:鶏団子と白菜の中華スープ

材料(2人分)

鶏挽肉 80g
A酒 小さじ1/2
A生姜汁 小さじ1/2
A塩・こしょう 少々
片栗粉 小さじ2
白菜 1/16株
B水 600ml
B顆粒チキンスープの素・酒 各大さじ1
塩・こしょう 少々
クコの実 小さじ1

鶏団子と白菜の中華スープのレシピ

[1]切る

白菜は幅4cmに切り、さらに縦細切りにして葉と軸に分けます。

[2]混ぜる

鶏挽肉にAを加えてよく混ぜ、片栗粉を加え、粘りが出るまでよく混ぜ合わせます。

[3]煮る

鍋にBを入れて強火にかけ、煮たったら白菜の軸を入れます。再び煮たったら火を弱め、[2]をスプーンで小さめの一口大にまとめて落とし入れます。

[4]器に盛る

灰汁を取り、鶏団子が浮いてきたら、白菜の葉とクコの実を加えて3分煮て、塩・こしょうで味を調えたら器に盛ります。

レシピのおすすめポイント

生姜汁入りの鶏団子のスープは体が温まり、寒い冬におすすめです。優しい味なので体調を崩して食欲が無い時にも最適です。白菜は茎と葉を時間差で加えるとちょうど良い食感に仕上がります。

鶏団子のおすすめレシピ②:パンの耳でカリカリ鶏団子

材料(約15個分)

A鶏挽肉 200g
A玉ねぎ 1/4個
Aおろし生姜(チューブ入り) 2cm
A片栗粉  大さじ1/2
A溶き卵 大さじ2(Bの溶き卵から)
A塩・こしょう 少々
切れてるチーズ 2枚(1cm角にカット)
B小麦粉 大さじ2
B溶き卵 1個
B食パンの耳 1斤分(8枚切食パン)
揚げ油 適量

パンの耳でカリカリ鶏団子のレシピ

[1]切る

パンの耳は、縦半分にカットしてから、さいの目状に切ります。 チーズは2枚重ねて縦に3等分し、横5等分に切ります。

[2]混ぜる

ボウルにAを全て入れ、練り混ぜます。

[3]成形する

角切りチーズを中に詰めながら、団子状に丸め、小麦粉→溶き卵→パンの耳の順に衣をつけ、おにぎりを握るように軽くギュッと握りつけます。

[4]揚げる

170℃ぐらいの揚げ油で、コロコロ転がしながら色よく揚げます。

レシピのおすすめポイント

パンの耳のカリカリの食感と中からとろけるチーズは子供に大人気。塩・こしょうをしっかり目に味付けすれば、何もつけずに食べられるので運動会やピクニックにもおすすめです。また、揚げ油が高温過ぎると鶏団子の中まで火が通らないので気をつけましょう。

鶏団子のおすすめレシピ③:鶏団子と野菜のじんわり煮物

材料(4人分)

鶏もも挽肉 200g
塩 ひとつまみ
A長ネギのみじん切り 大さじ1
A卵 1個
A生姜(すりおろし)小さじ1
A酒 大さじ1
A片栗粉 大さじ1/2
じゃがいも 小2個
玉ねぎ 1/2個
しいたけ 2枚
絹さや 5~6枚
B出汁 1と1/2カップ
B砂糖 大さじ1/2
B酒 大さじ1
Bみりん 大さじ1
醤油 大さじ2

鶏団子と野菜のじんわり煮物のレシピ

[1]下準備をする

絹さやは筋を取り除き、塩(分量外)を加えた熱湯でさっと茹でてザルにあげておきます。じゃがいもは皮をむいて4等分、玉ねぎはくし型に切ります。しいたけは石づきを落とし、4等分に切ります。

[2]混ぜる

ボウルに鶏もも挽肉と塩を入れて、粘りが出るまで良く混ぜ合わせます。Aを加え、さらに良く混ぜ合わせます。

[3]茹でる

スプーンで成形しながら熱湯に落とし入れ、茹であがったものからザルにあげておきます。

[4]煮る

鍋に鶏団子、じゃがいも、しいたけ、玉ねぎを入れてBを加え、蓋をして中火で10分ほど煮ます。醤油を加え、弱火でさらに8~10分煮ます。

[5]器に盛る

器に盛り、茹でた絹さやを添えます。

レシピのおすすめポイント

ふんわり柔らかい鶏団子と根菜の優しい味の煮物は、疲れた身体をいやします。ポイントは醤油は後から加えること。後から加えることで、味がぼやけず、風味が引き立ちます。

鶏団子のおすすめレシピ④:鶏団子の甘酢あん

材料(3~4人分)

A鶏挽肉 300g
A玉ねぎ  中1個
A生姜汁 大さじ1~2
A卵 1個
A片栗粉 大さじ1
A塩・こしょう 少々
Bお酢  50ml
B水  50ml
B砂糖 大さじ6
B醤油・酒 各大さじ2
B鶏ガラスープの素  大さじ1
片栗粉 大さじ1(水大さじ2で混ぜる)

鶏団子の甘酢あんのレシピ

[1]切る

玉ねぎをみじん切りにします。

[2]混ぜる

Aを全てよく混ぜ、粘りがでてきたら、お団子にしてころころと片栗粉をまぶします。

[3]揚げる

低めの160℃の油でじっくりときつね色になるまで揚げます。

[4]あんを作る

Bを全て混ぜてフライパンに入れ、フツフツとしてきたら、とろみ用の片栗粉を入れてとろみがつくまでよく混ぜます。

[5]器に盛る

とろみがついたら揚げた鶏団子を入れ、あんに絡ませて器に盛ります。

レシピのおすすめポイント

甘酢あんに絡めた、食欲増進&疲労回復の鶏団子レシピ。しっかり味でご飯もビールも進みます!低温でじっくり揚げて、中までしっかり火を通しましょう。

鶏団子のおすすめレシピ⑤:鶏団子と根菜の和風カレー

材料(2~3人分)

鶏挽肉 100g
玉ねぎ(みじん切り)中1/8個
片栗粉 大さじ1/2
味噌 小さじ1/2
市販のカレールウ 1/4箱
麺つゆ(2倍濃縮) 40g
根菜(冷凍ミックスでも可) お好みの量
あさつき 1本
白いりごま 大さじ3
サラダ油 大さじ1
水 400ml

鶏団子と根菜の和風カレーのレシピ

[1]切る

お好みの根菜を一口大に切ります。

[2]炒める

鍋に油を引き、[1]を中火て炒めます。

[3]根菜を煮る

根菜に油が回って表面に火が通ったら水と麺つゆを加え、芯まで火が通ように煮ます。

[4]混ぜる

鶏挽肉と味噌、片栗粉を合わせてよく混ぜ、鶏挽肉からしっかり粘り気が出たところで玉ねぎのみじん切りを加え、よく混ぜます。

[5]鶏団子を煮る

根菜を煮た鍋に[4]の鶏団子を丸めながら入れていき、鶏団子に火が通ったらカレールウを加えて溶かします。

[6]器に盛る

器にご飯と一緒に盛り、刻んだあさつきねぎと白ごまを散らします。

レシピのおすすめポイント

麺つゆ入りの優しい味のカレーが鶏団子によく合います。鶏団子はよく混ぜて粘り気が出てから玉ねぎを加えると、肉の水分が出にくくなり、柔らかくてジューシーな鶏団子になります。

さいごに

いかがでしたか?
調理法やソースによって様々な料理に変身する鶏団子。定番の鶏団子鍋以外にも、美味しい食べ方がたくさんありますね。ご紹介したレシピにぜひ挑戦してみてください!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

TOPへ