ヘルシーで飲みやすい、体に優しい豆乳スープのレシピまとめ

豆乳が体に良いとは知っていても、「ちょっと飲みにくい」という方も多いかもしれませんね。そんな人にオススメなのが、豆乳スープレシピです。豆乳はスープにすると、とても飲みやすくなりますよ!おすすめの豆乳スープレシピをまとめました。

体に嬉しい効果がいっぱいの豆乳は、スープにするのがオススメです!

豆乳には、いろいろな効果を持つ栄養素が含まれています

豆乳は、植物性のタンパク質を含む、とてもヘルシーな食材です。
脂肪燃焼効果のある大豆サポニン、生理痛などに効果がある大豆イソフラボン、
悪玉コレステロールの減少効果があるレシチンなど、体に嬉しい栄養素が
含まれています。

豆乳が飲みにくい場合は、豆乳スープレシピがオススメ

体に良いとは知っていても、「豆乳が飲みにくい」と感じる人も多いですよね。
特に成分無調整の豆乳は、調整豆乳より成分が濃くてより栄養価が高いのですが、
そのままだと飲みにくいかもしれません。

そんな方にオススメなのが、豆乳スープレシピです。
豆乳スープにして、色々な味や風味を付けることで飲みやすくなりますよ。
オススメの豆乳レシピをご紹介します。

豆乳スープのおすすめレシピ①:カボチャの豆乳みそスープ

味噌とかぼちゃを使った豆乳スープのレシピです。

材料(2人分)

かぼちゃ 1/8個
玉ねぎ 1/4個
水 200ml
豆乳 200ml
味噌 大さじ1.5~2
バター 10g

【1】かぼちゃ、玉ねぎの下ごしらえをする

かぼちゃの種を除き、皮をまばらに剥きます。一口大の大きさに切っておきましょう。
玉ねぎは縦にスライスしておきます。

【2】野菜を煮る

鍋に水とかぼちゃ、玉ねぎを入れます。火にかけて、沸騰したら弱火にします。
6~7分煮て、かぼちゃを柔らかく煮ます。

【3】味噌、豆乳を加える

豆乳と味噌を溶かしながら入れます。沸騰する前に火を止めましょう。
バターを入れて溶かしたら完成です!

【おすすめポイント】カボチャの豆乳みそスープのレシピ

馴染みのある味噌の風味で、飲みやすい豆乳スープのレシピです。
かぼちゃの優しい甘みが味わえる豆乳スープレシピなので、オススメです!

豆乳スープのおすすめレシピ②:豆乳とにらのチゲ風スープ

白菜キムチを使った、豆乳スープのレシピです。

作り方(2人分)

白菜キムチ 80g
ニラ 30g
豆乳 2と1/2カップ
味噌 大さじ1/2~1
醤油 大さじ1
砂糖 小さじ1
ごま油 小さじ1
白すりごま 大さじ1

【1】ニラ、白菜キムチを切る

ニラは食べやすい長さに切ります。白菜キムチは荒めに刻んでおきましょう。

【2】豆乳を沸かす

鍋に豆乳と、味噌、醤油、砂糖、ごま油を入れて火にかけます。
豆乳が分離しないように、沸騰させないようにしましょう。
沸騰する前に、ニラと白菜キムチを入れてさっと煮ます。

【3】盛り付けて白すりごまを振る

豆乳スープを盛り付けたら、白すりごまを上から振りかけて完成です!

【おすすめポイント】豆乳とにらのチゲ風スープのレシピ

キムチと豆乳、と聞くと意外な組合せかもしれませんが、
キムチの辛さが豆乳でマイルドになるので、辛いのが苦手な方にもオススメの
豆乳スープレシピです。
ゴマの香りが豆乳スープのアクセントになっていますね!

豆乳スープのおすすめレシピ③:里芋の豆乳しょうがポタージュ

里芋を使った、ポタージュタイプの豆乳スープです。

材料(2人分)

里芋 200g
玉ねぎ 1/4個
豆乳 1と1/2カップ
生姜 小さじ1
チキンブイヨン 1/2本
油 大さじ1/2

【1】里芋を潰す

里芋は皮のまま、レンジで柔らかくします。皮を剥いて、マッシャーなどで潰しておきます。

【2】生姜を玉ねぎを炒める

生姜はみじん切り、玉ねぎもみじん切りにします。
油をひいたフライパンに、生姜と玉ねぎを入れて炒めます。

【3】里芋と豆乳を加える

フライパンに潰した里芋と豆乳を入れ、混ぜながら煮ます。

【4】味付けをする

チキンブイヨンを入れて少し煮たら、塩コショウで調整して完成です!

【おすすめポイント】里芋の豆乳しょうがポタージュのレシピ

里芋のとろりとした食感が楽しめる豆乳スープレシピです。
生姜が入っていて、体も温まるレシピなので、冷え性の方には特に
オススメしたい豆乳スープです!

豆乳スープのおすすめレシピ④:豆乳カレースープ

カレー味に味付けした、豆乳スープのレシピです。

材料(2人分)

鶏むね肉 100g
玉ねぎ 1/2個
カレールー 2片
にんにく 1片
生姜 1片
豆乳 200cc
水 400cc
サツマイモ 1/2個
ごぼう 1/2個

【1】材料を下ごしらえする

鶏むね肉を削ぎ切りにします。玉ねぎは角切りにします。
ニンニクと生姜はみじん切りにしましょう。
サツマイモとごぼうは食べやすい大きさに乱切りにします。

【2】玉ねぎ、鶏肉を炒める

鍋に油を入れ、ニンニクと生姜のみじん切りを炒めます。
香りが出たら、玉ねぎと鶏もも肉を加え、炒めます。

【3】サツマイモとごぼうを加えて煮る

鶏肉の色が変わったら、サツマイモとごぼうを入れて軽く炒めます。
水と豆乳を入れて、沸騰しないように煮込みます。

【4】カレールーを加える

10分くらい煮て、野菜が柔らかくなったら、カレールーを入れて溶かして完成です!

【おすすめポイント】豆乳カレースープ

カレーの風味でとても食べやすいので、豆乳が苦手な方にもオススメの
豆乳スープレシピです。サツマイモやごぼう以外にも、お好きな野菜でアレンジしたレシピ
も良さそうですね。カレー味なので、豆乳スープをご飯にかけても美味しそうです。

豆乳スープのおすすめレシピ⑤:ジャガイモと豆乳の冷製ポタージュ

ジャガイモで作る、冷たい豆乳スープのレシピです。

材料(2~3人分)

ジャガイモ 2個
玉ねぎ 1/2個
豆乳 300cc
固形コンソメ 1個
塩 小さじ1/2
コショウ 少々
刻んだパセリ お好みで

【1】玉ねぎとジャガイモを蒸かす

皮を剥いた玉ねぎとジャガイモを、電子レンジで蒸かします。
柔らかくなったら、少し冷まして、ジャガイモの皮を剥いておきます。

【2】ミキサーで撹拌する

ジャガイモと玉ねぎを一口大くらいに切ります。コンソメは細かく砕き、
大さじ1くらいのお湯で溶いておきます。
ミキサーに豆乳、コンソメ、玉ねぎ、ジャガイモ、塩を入れて、
豆乳スープがなめらかになるまで混ぜます。

【3】冷蔵庫で冷やす

なめらかになったら、冷蔵庫で良く冷やします。
お好みでコショウを振り、パセリを乗せて完成です。

【おすすめポイント】:ジャガイモと豆乳の冷製ポタージュのレシピ

ヴィシソワーズは、一般的に牛乳と生クリームで作るレシピが多いですが、
豆乳で作るレシピだと、あっさり食べられるのでオススメです。
冷たい豆乳スープは、食欲が無い日にも食べやすくて良いですね!

色々な豆乳スープレシピを紹介しました!

豆乳が苦手な方も、豆乳スープにすると食べやすいのでオススメです!
ポタージュタイプや、味噌味、カレー味など、色々なバリエーションが作れるので、
是非豆乳スープレシピをお試しください!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

TOPへ