ブロッコリーを茹でる方法とレンジで加熱する方法、どっちが良いの?

ブロッコリーを茹でるには、お湯を沸かす必要がありますので、ちょっと面倒だと思う人も多いですよね。そんな時、ブロッコリーをレンジでチンした方が楽だったりもします。でも、実際に茹でる方法とレンジで加熱するだけの方法、どちらが良いのでしょうか?

ブロッコリーを茹でるのとレンジで加熱するのとでは何が違う?

ブロッコリーを茹でるのはちょっと面倒だと思っている人も多いのではないでしょうか?確かに茹でるためにはお湯を沸かす必要がありますよね。もちろんレンジで加熱するだけならお湯を沸かす手間もかかりません。では、実際にお湯で茹でる方法とレンジで加熱するだけの方法とでは、どのような違いがあるのでしょうか?今回はその謎に迫ります。

ブロッコリーを茹でるのとレンジでチンするのでは栄養が違う?

まずは栄養面から比較してみましょう。実はブロッコリーにはたくさんの栄養素が含まれています。含まれている栄養素としては、葉酸やビタミンA・C・Eが含まれています。しかしたっぷりのお湯で茹でてしまうと、その栄養素が失われてしまうのではないか?と思っている人も多いようですね。では、ブロッコリーを実際にお湯で茹でる場合と、レンジでチンするだけの方法とでは、食べた時の栄養素に違いはあるのでしょうか?

ブロッコリーをお湯で茹でた場合の栄養素

実はビタミンBやビタミンCは、お湯で茹でるとすぐにゆで汁に流出してしまう性質があります。そのため、たっぷりのお湯で茹でると、そのゆで汁に流れ出てしまうことが多いのです。そのため、ブロッコリーを茹でたゆで汁は、捨てずにスープなどに使うと良いでしょう。

ブロッコリーをレンジでチンした場合の栄養素

実はブロッコリーは、レンジでチンしただけの方が、栄養素は失われにくいとも言われています。レンジでチンするだけなので、ビタミンBやCがお湯に流出されることが少ないため、お湯で茹でるよりは栄養素を損なわずに食べることができるのです。

上記のようにブロッコリーの栄養面では、レンジで加熱した方が良いようですね。

ブロッコリーを茹でるのとレンジでチンするの、経済的なのは?

では次に、ブロッコリーをお湯で茹でる場合とレンジでチンした場合の経費について考えてみましょう。

ブロッコリーをお湯で茹でた場合の光熱費

まずお湯で茹でる場合ですが、こちらは単純に考えて水道代+電気代がかかります。

ブロッコリーをレンジでチンした場合の光熱費

レンジでチンした場合の光熱費は電気代のみとなります。水道代はほとんど必要ないと言えるでしょう。

光熱費から考えた場合、やはりレンジで加熱する方法の方がお得なようですね。

ブロッコリーを茹でた物とレンジでチンした物、どっちが美味しい?

では最後に、肝心なブロッコリーの味について考えてみましょう。実際に御湯で茹でた場合とレンジで加熱した場合、どちらのブロッコリーがより美味しく感じるのでしょうか?

ブロッコリーをお湯で茹でた場合

お湯で茹でた場合のブロッコリーは、もちろん色鮮やかな緑色をしていて、歯触りも良く、食感が良いのでとても美味しいですよね。

ブロッコリーをレンジでチンした場合

もちろんレンジで加熱したブロッコリーも色鮮やかな緑色をしていて、味も美味しく感じるのですが、実際にお湯で茹でた場合のブロッコリーと食べ比べてみると、若干、レンジで加熱したブロッコリーの方が食感が劣るようです。

実際に食べてみると、より美味しく感じるのはお湯で茹でた場合のブロッコリーのようですね。もちろんレンジで加熱したブロッコリーが美味しくないわけではありません。より美味しく感じられるのは、お湯で茹でたブロッコリーの方だと言うことです。

ブロッコリーを茹でる場合とレンジで加熱する場合、たくさんできるのは?

では、大量にブロッコリーを必要とする場合、実際にお湯で茹でる方法とレンジで加熱する方法、どちらが早く完成すると思いますか?結果は歴然ですよね。レンジで加熱する場合、一度に出来上がる量には限度があります。せいぜい1株程度までが限界となるでしょう。しかし実際にお湯で茹でる場合であれば、2株でも3株でも鍋の大きさによっては茹でることが可能ですよね。

こうしていろいろと比較してみると、実際にお湯で茹でる方法もレンジで加熱する方法でも、どちらにも良い点がありますので、甲乙つけがたいのかもしれません。調理する時々で判断すると良いかもしれませんね。

ブロッコリーを茹でるのとレンジで加熱する方法 まとめ

ブロッコリーを実際に茹でるのとレンジで加熱する方法、どちらも良い所がありましたね。忙しい時間帯で1株程度であればレンジで加熱するのも良いですね。1株以上のブロッコリーを茹でる場合や、より美味しさを追求するのであれば、やはりお湯で茹でる方法がベストですね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ