甘くて美味しいだけじゃないんです!?甘酒の知られざる効能とは

昔からある甘味飲料「甘酒」。甘くて独特の味わいが美味しい甘酒ですが、実は知られざる効能がたくさんあるんです。今回は甘酒の持つ効能について調査しました。お正月に飲むだけではもったいない。これを読めばあなたもすぐに甘酒を飲みたくなりますよ。

甘酒って何?

とろりとした舌触りと素朴な甘みが特徴的な「甘酒」。お正月に飲むイメージが強いですね。では、甘酒っていったい何なのかご存知ですか。甘酒とは何から出来ているのでしょうか。

甘酒は日本の伝統的な甘味飲料の一種で、見た目はどぶろくに似て混濁している。甘粥とも呼ばれる。主に米こうじと米、あるいは酒粕を原料とする。酒という名がつくものの、アルコール含有はわずかで、市販されている商品はソフトドリンクに分類されるものが多い。

出典:https://ja.wikipedia.org

甘酒は主に2種類に分類されます。酒粕がベースの物と、米こうじをベースにした物です。酒粕ベースの甘酒は、米こうじベースの物より安価で作ることが出来ます。また、食物繊維も酒粕ベースの方が豊富です。酒粕をベースとしているので、アルコールが残っています。

米こうじベースの甘酒は、少し割高ではあるものの、お米のミネラルがそのまま残っているのが嬉しいですね。また、アルコールゼロなのでお子さんや妊婦さんも安心して飲めますね。今回はそんな甘酒に隠された効能について紹介します。

甘酒の効能は?

では、さっそく甘酒の効能について見てみましょう。甘酒は最近美容的効能があると言われ、ブームになっているのをご存知ですか。甘酒には、美肌をサポートするビタミンB群や必須アミノ酸などが豊富に含まれているんです。また、甘酒に含まれるオリゴ糖や食物繊維は美容の大敵「便秘」を解消する効能を発揮してくれます。甘酒を飲むと満腹感が得られるとも言われており、甘酒ダイエットも流行っています。

甘酒の効能は美容以外にもあります。甘酒は「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養価が高いのです。なので、風邪気味で食欲の無い時など、食事代わりに甘酒を飲むといいと言われています。また、甘酒に含まれるブドウ糖やビタミンB群は疲労回復に効きます。お正月だけでなく、暑くて食欲もやる気も出ない夏バテの時期にもぴったりのドリンクなのですね。

甘酒の効能を得やすい飲み方は?

では、甘酒の効能をしっかりと得るには、どのように飲めばいいのでしょうか。甘酒は、糖がたっぷり入っているので、飲みすぎるのはおすすめ出来ません。量は1日に200ml程度にしておきましょう。また、1度にがぶがぶ飲んでしまうと、血糖値が上がってしまったりとデメリットがあります。何回かに分けて飲むことをおすすめします。

飲む時間帯は、いつでもOKです。なので、自分が得たい効能で飲む時間を決めてみてはいかがでしょうか。ダイエットの効能を重視する人は、食事前に飲むのがいいでしょう。甘酒を飲むことで満腹感が得られ、食事量を抑えることが出来ますね。健康的な1日にしたいという人は朝一番に飲むのがおすすめです。1日の終わりに疲労回復を狙って飲むのもいいですね。自分の得たい効能で時間を変えてみましょう。

嬉しい効能たっぷりの甘酒を家で作るには?

お家で簡単に甘酒が作れると嬉しいですね。

材料

米こうじ(生) 250g
水 250cc

効能たっぷり甘酒の作り方

①材料を炊飯器へ

炊飯器に米こうじと水を入れます。内釜に濡れ布巾をかぶせ、炊飯器のフタを半開きの状態にします。そのままで、「保温」ボタンを押します。「炊飯」ボタンと間違えないように注意してくださいね。

②発酵

保温を始めて4時間後に、一度フタを開けて中身を混ぜます。こうじが均一に発酵するようにするためです。その後、もう4時間保温状態で置いておきます。それで完成です。

自家製だとより美味しい

嬉しい効能たっぷりの甘酒、ぜひ毎日飲みたいですよね。このレシピならお家で簡単に甘酒が作れるのでおすすめです。自家製甘酒は、より美味しく感じますよ。また、自分で作っているので、安心感が高いですね。お子さんに飲ませたいと思っている人は、お家で安心&愛情たっぷりな甘酒を作ってあげてくださいね。

甘酒が飲みにくいと感じたら?

これだけ美容にも健康にも良い甘酒、毎日飲みたいけれど独特の味わいが苦手。そんな人も少なくないですよね。そんな時はヨーグルトやミルク、フルーツと混ぜてスムージーにしちゃうのがおすすめです。甘酒の効能に加えてフルーツやヨーグルトの持つ効能もダブルでGET出来ますよ。また、色々な物と混ぜることで甘酒の独特な味わいが薄まります。他にもアイスにしたりプリンにしたりと工夫している人が多いようです。

甘酒で美容&健康的効能を美味しくGET

今回は甘酒の効能について紹介しました。甘酒は美容にも健康にも良い効能がたくさん含まれています。工夫して毎日飲めるといいですね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

TOPへ